ウエディングブーケの種類



リースブーケとは、輪っか形をしたブーケ。リースは花冠のことです。 花や葉を冠のように編み込んだ形の永遠や幸福を意味するウエディングブーケ。 リングブーケともいわれてます。 丸型だけでなくハート型に作ったり、いろいろな花やアイテムで個性的にアレンジすることもできる。


バスケットブーケとは、取っ手付のバスケット(かご)の中に吸水性スポンジをを入れて花やグリーンをアレンジしたブーケ。 摘んできた花をそのままバスケットに詰め込んだかのようなイメージのブーケ。 手に持ったり、腕に掛けることもできるので、いろいろな印象を変えることができる。 カジュアルなブーケなので、ガーデンウエディングなどによく合います。

ボールブーケとは、 花をボールのような球状にまとめて リボンやパールなどの持ち手を付けたウエディングブーケのこと。 可愛らしく軽やかな雰囲気のブーケで、 カジュアルウエディングなどに向いている。

クレッセントブーケとは クレッセントとはフランス語で「三日月」です。 その名のとおり三日月型の弧を描くような形のウエディングブーケ。 優雅でエレガントさが印象的なウエディングブーケ。
和装用にあわせたブーケ。 和風花材で作るボールブーケや水引などを使い和風をイメージしたブーケがある。


クラッチブーケとは英語で「つかむ」という意味で 片手で持てるくらいに花を束ねて、 茎の切り口を揃えたナチュラルなブーケ。 茎の美しいラインを活かしたカジュアルなブーケ。 価格も手ごろなので、人気です。


ハンドバッグブーケとは その名のとおりハンドバックをかたどったブーケ。 とても個性があり、おしゃれなウェディングに用いられることが多い。 カジュアルでチャーミングな雰囲気のブーケなので、 お色直しのドレスやガーデンウエディングなどにピッタリです。


オーバルブーケとは、楕円形のデザインのブーケで、 ラウンドブーケとキャスケードブーケの中間的な形のブーケ ボリューム感があるのでクラシカルなイメージや大人っぽさが表現できる。


キャスケードは流れる滝を意味する、 キャスケードブーケとは、滝が流れるような 逆三角形のラインのウエディングブーケ。 本来、教会式ではこのタイプを持つのが正統とされている。 このブーケによく使われるのがカサブランカ。 豪華でエレガントな印象になる。

ラウンドブーケとは、まんまるい円形の形まとめたブーケ ブライダルブーケの中でも最もオーソドックスなスタイル。 可愛らしく華やかなブーケ。 花材や色の使い方でキュートにもシックにもアレンジでき、 フォーマルでもカジュアルでも合わせることができます。

最近のコメント

    アーカイブ

    解析